しょうちゃん誕生

こんにちは、みかん🍊です(・ω・)ノ

今回の投稿は、

しょうちゃんが産まれた時のこと

を書こうと思います。

授かる前に考えたこと

我が家は結婚した当初から、子供は三人欲しいと考えていました。

ですが、みっくんのこともあり、私は三人目は作らないと考えていました。

しかし主人の考えは違っていて、「親二人に何かあった時に、お姉ちゃん一人で負担が大きいのでもう一人作ろう」という考えでした。

ただし、リスクがありました。

それは、ダウン症の子を出産した後は、またダウン症の子が産まれる可能性が高いということです。

もう一度書きますが、三人目を授かろうと考えた一番の理由は、「親二人に何かあった時に、お姉ちゃん一人で負担が大きい理由からです。

これでは本末転倒、、

夫婦で必死に悩みました。そして、医師から羊水検査について教えてもらいました。

羊水検査について

羊水検査とは、簡単に説明すると、

  • お腹に注射器を刺して羊水をとり、その羊水の染色体や遺伝子異常を調べること。
  • 注意点は、染色体や遺伝子など特定の異常に限られており、すべての異常が分からないということです。

医師から説明を受けましたが、これもすぐにやろうとは考えられませんでした。

なぜなら、異常が見つかったらどうするかということです。

授かることを考えるよりも、羊水検査を行うことにするか本当に悩みました。

考え方は十人十色(産むことも、そうしないこともしっかり考える。家族で決めたことが正解です

もし、安易に検査(誰でも受けることが出来るわけではない)をすると考えているならば、その後のことをしっかり考えてから、判断してほしいと思います。

そして我が家は、羊水検査を受けることを決めました

結果は、陰性。とりあえず安心して、無事産まれてくることを願いました。

受けた時の感想などは、こちらから↓

無事出産

出産当日は、お姉ちゃんの幼稚園の家庭訪問があり、その時にはすでに前駆陣痛が…汗

幼稚園の先生に「頑張ってきてくださいね!」と応援してもらい、私の母に子供達を預けました。

三人目ということもあり、「行ってくるね(^.^)/~~~」とちょっと買い物にでも行くような、軽い感じで母に伝えたことを覚えています笑

そして母も「三人目は余裕だね」と、見送ってくれました。

病院について一時間くらいで、出産!

先生や助産師さんたちに上手な出産とめちゃくちゃ褒められました♪

ただ私はこれまでの出産とは違い、頭が見えてから産まれてくるまでの時間が長く感じました。

なぜならば!頭のサイズが看護師さんもびっくり!?するくらい大きかったのですw

そのせいで頭が出てこなかったのねw

きっと頭のいい子なんだと思いました。

最後に

産まれてくるまで悩み、不安でいっぱいだった私です。

でもしょうちゃんの顔、産まれた時の大きな産声を聞いて安心しました。

当然この時は発達障害とわかっていませんが、これから個性の強い(汗)三人の子育て奮闘記の始まりです。

 

今日も笑顔でがんばるぞぉ

>ダウンちゃんー気になる子の子育てブログについて

ダウンちゃんー気になる子の子育てブログについて

本ブログは、個性派揃いの子育て奮闘記です。健常児、ダウン、発達障害のそれぞれの成長、学校、進路のことなど子育ての中で悩んだこと、学んだこと、感じたことなどを中心に書いていきます。一人でも多くの人に読んでもらえるよう頑張ります。たくさんの質問、コメントをお待ちしています。