我が家の家計簿(2023.1)

こんにちは、みかん🍊です(・ω・)ノ

 

将来の不安の中には、今後どのくらい教育資金がかかるとか、ライフイベントに備えてどのようにお金を貯めるかなど、我が家なりのやり方をお伝えすることにより、少しでもお金の不安を無くすことが出来ると考え、この記事を書こうと思いました。

ユーチューバーやブログでは、平均値でかかる費用で資産シュミレーションされていることが多いですね。

でも実際はそのご家族ごとに違う

当然我が家の収支が、このブログを見ている方と同じではありません。

しかし、平均値ではなく実際の金額を公表することにより、現実味のある記事が書けると考えました。

固定費の見直し
各種手当は、いつどれくらい支給されるのか
教育費はどれくらいかかるのか
ライフイベント費にお金はどれくらいかかるのか

記事が長くなっています。

目次を使って必要な部分を読んでいただきたいです。

 

それでは、月1回の企画を始めます(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

我が家では、お金の管理は主人がやっていましたが、夫婦で考えることが大切かなと思い主人に聞きながら記事を書いていきます。

はじめに

家族構成などはこちらをご覧ください。

おススメ家計簿アプリ

約2年前から有料会員で使っています。
試行錯誤しながら、我が家なりの支出一覧が出来ました。
家計簿のコツとしては、細かく決め過ぎない。
綺麗な家計簿を作るより、自分なりの使いやすい家計簿がおススメです。

支出

  1. 固定費
    1. 住宅ローン
    2. リフォーム・家電
    3. 水道・光熱費
    4. 固定資産税
    5. 通信費~携帯代、ネット代、サブスク
    6. 車代~ガソリン代、高速代、タイヤなどの備品
    7. 保険~生命保険、自動車保険、火災保険、医療保険
  2. 変動費
    1. 食費
    2. 日用品
    3. 衣服・靴~学校で使う体操着などは、教育費の項目です。
    4. 教育費~学校で使用するものすべて。塾代などの習い事もこの項目です。
    5. 医療費~確定申告の際にあると便利です。おむつ代もこの項目です。
    6. 交際費~プレゼントや家族、パパ、ママのお小遣いの項目です。

固定費の削減ポイント

①住宅ローン

平成24年に戸建てを新築。

地方銀行で借入額2950万円で変動金利0.875%でした。

2年くらい前に、固定費の削減にとりかかった主人が、

ネット銀行の方が金利が安い。金利を下げないと借り換えるぞぉー!

と脅しにいったら、0.715%の引き下げに成功したそうです。

脅してはいません。

金額にして月1,500円(年18,000円)。

同じ銀行で金利を下げるより借り換えた方が総返済額は減少しますが、そうなると給料の振込口座やクレジットカード引き落とし口座など様々な手続きが必要なため、銀行を変えずに金利を下げることを選んだそうです。

1 事前に電話
2 相談
3 手続き

1か月くらいで金利の引き下げに成功しました。

もし金利が高いのであれば、主人と同じようにチャレンジしてもいいかもしれません。

⑤通信費

三大キャリアを使っているなら、格安SIMに乗り換えを検討されてはいかがですか?

格安SIMと聞くと手続きが不安・・・と思うかもしれませんが、ワイモバイルならソフトバンクショップの窓口で対応可能です。

また通信エリアは、ソフトバンクと同じエリアなので問題ありません。

ワイモバイルよりさらに安い格安SIMとなれば、楽天モバイルやahamoなどもあります。

ちなみに、過去に使っていたキャリアはソフトバンクでスマホ2台、iPad1台及びネット(ソフトバンク光)代で月23,000円でした。(端末代を含む)

現在は、ワイモバイルでスマホ2台、ネット(ニューロ光)代で月に6,700円です。

端末代は乗り換えの時に一括で支払ってしまったので、一概に比較は出来ませんが月16,000円(年間192,000円)安くなりました。

窓口のあるキャリアならば、乗り換えも楽々です。

⑦保険

戸建てを新築する際に、保険の見直しは行っていました。

しかしその当時は、保険の知識がなく言われるがまま手厚く入っていました。

当時は確かに資産はそれほどなく、何かあった時の保険と考えればありだったかもしれませんが、現在の資産は大きく変化しています。

主人もある程度保険の知識が付いたということで、自ら保険の見直しを行っていました。

みかん
まず、私の保険!
すべて解約!
みかん
えー汗
  1. 生命保険
  2. 医療保険とがん保険
私にもしもの時、ベビーシッターを雇うことになった場合を考えて入った方が良いと勧められてたと思います。
もしもがあったとしても、主人は仕事をしているし、現在資産に問題ないと考えていることから解約と判断したそうです。
記憶があいまいですが、月2,000円(年間24,000円)くらいです。

医療保険とがん保険は後述します。

次は、俺の保険
  1. 生命保険
  2. 変額保険
  3. 医療保険及びがん保険
補償期間を短縮して代わりに補償金額を多くしました。
期間を短縮した理由は、しょうちゃんが成人(20歳)するのは、夫婦が49歳のときです。
教育資金としてかかる期間を考えると、50歳までの期間でよいと判断しました。(もともと65歳まで)

50歳になる頃には、資産はさらに増えているから、その後に何かあっても家族が路頭に迷うことはないなぁ。

代わりに補償額は増額。
主人にもしもの時、遺族厚生年金は165,000円。
生命保険で、毎月200,000円を確保すれば、合計で365,000円で現在の生活水準を確保できると判断したそうです。
なお、住宅ローンは団体信用保険でローン返済が免除されます。
期間は短縮して補償額を増額しましたが、結果的に保険料は月1,300円(年15,700円)安くなりました。

変額保険とは、貯蓄型(投資)の生命保険です。
お金を貯めようと思っても貯められない方には、良いかもしれません。(保険であり、強制的に引き落とされるから)
でも、投資界では、貯蓄型の生命保険には加入してはいけないと言われています。
なぜなら、高い手数料が取られてしまうからです。
保険と貯蓄は混ぜずに行うことが大切です。
ちなみに主人は解約時に手数料が取られて、元本割れだったそうです。

ぜんぜん後悔していません。
それより早く気が付けてよかった。

保険料は、月14,000円(年168,000円)でした。

日本の医療保険制度をご存じですか?
また病気になった場合、どれくらい費用がかかるか分かりますか?

投資界では、医療保険もがん保険も不要だと言われています。
保険にお金をかけるなら、そのお金を資産形成の費用にあてた方が良いとされています。

理屈は分かるが、今すぐに保険の解約・・・勇気がない・・・。

そこで主人は補償内容の見直しを行いました。
入っていた医療保険は補償内容が手厚かったことから、別の保険を探し、毎月の保険料を月300円(年3,600円)安くしました。

資産形成が順調にいけば、将来解約します。

またがん保険は、すぐに解約を行い、毎月3,000円(年36,000円)安くしました。

削減総額

固定費の見直しは、ちょっと大変です。

でも、一度取り組んでしまえば、ずーっと効果が継続します。

夫婦で取り組んでみたらいかがでしょうか?

我が家の効果は、月38,100円(年457,200円)

みかん
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
私は何もしていない・・・

その他の固定費

③水道・光熱費

今回は下水のみの支払いでした。

我が家はオール電化なので、ガス代はかかりません。

ただ電気代も高騰している中、受験生のお姉ちゃんが朝早くから遅くまで勉強しているので電気代が高いのではとびくびくしています。

でも頑張っているお姉ちゃんを応援します♪

みかん
頑張れ\(^o^)/

⑥車代

住んでいる地域は田舎なので、車2台は欠かせません。

車検は交互に毎年かかっています。

今回の車は、年式が古くなってきており修理費の関係で高くなってしまいました汗

また、ガソリン代も高騰しているので痛い出費となっていますね・・・。

固定費で気になる項目はないよ。
一応頑張って、見直ししたからね(-_-;)
みかん
よく頑張った(・ω・)ノ

変動費の削減ポイント

我が家の支払いは、クレカ支払いがメインです。

クレカ支払いならば、ポイントが貯まるからですね♪

でもその結果、どれくらい使っているか把握できずお金をどんどん使ってしまいます汗

そこでおススメなのが、家計簿アプリですね。

ちょっと時間差はありますが、何に使ったか反映されるので、使い過ぎを防いでくれます。

お金を貯めるために最初に取り組むことは、お金の流れを知ること。
自分が何にどれくらい使っているかを把握しなければ、お金は貯まりません。
それどころか、ストレスになると思います。
みかん
何で貯まらないんだーΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
てな感じで・・・

①食費

ほぼ自炊です。

作ることが嫌いではないので、出来ている感じですかね(*^^)v

でも面倒だとは思ってます(-_-;)

( ゚д゚)ハッ!

コロナになってから外食はどれくらい行ったかな・・・?くらいの頻度しか行ってません。

みかん
もう少し外食いきたいなぁ

お米は、私の実家で作っているので買っていません。

でも毎年田植えなどの行事がかかせません。

田植え楽しい♪

ってな感じな主人なので、苦になっていません((´∀`))ケラケラ

来年からお姉ちゃんが高校生になるので、毎日お弁当・・・

みかん
頑張ろう(;´・ω・)

②日用品

近くにあるホームセンターでまとめ買いをしています。

ちょこちょこ購入すると高い商品もまとめ買いならば、安く購入できます(^^♪

今回は、ほとんど日用品は購入なしですね。

また、トイレットペーパーやティッシュペーパーはふるさと納税で購入しています。

ストックが無くなったら主人にお願いします(^^)/

ご利用は計画的に!

④教育費

学校の給食費や塾代などの項目です。

受験の追い込みで、今月来月と塾代が高くなりますが、そこは当然気にしません!

みかん
頑張れ(@^^)/~~~

みっくんとしょうちゃんの教育費は合算で計算しています。

理由は、放課後等デイサービスと日中一時預かりを二人とも利用しており、毎月上限額いっぱいまで利用しています。

どんなに利用しても、世帯上限額が決められているので、一人で利用しても二人で利用しても金額が上がらないことは、我が家には大きなメリットですね(^^♪

お昼代やおやつ代はそれぞれ別途かかります。

また、特別支援教育就学奨励費をご存じでしょうか?(後日、ブログの記事にします)

学用品や給食費などは一度満額で支払いますが、その後一部が還付されます。

これも自ら申請しなくてはいけないですが、申請する価値があります。

⑤医療費

家計簿アプリを利用しているならば是非とも効率よく活用して欲しい項目です!

我が家は、医療費控除(おむつ使用証明書)を毎年利用しています。

みっくんは来年中学生ですが、おむつが取れていません・・・。

そしておむつ代が高い・・・。年間100,000円に近い金額です。

楽天市場で定期的に購入しています。

今年のみっくんの目標は、おむつ卒業!

現在のストックが無くなる前に卒業できるように頑張ります。

その他の変動費

③衣服・靴

学校で使う体操服などはここに含めていません。

普段着の購入代金です。普段着は定期的に購入していますが、高い物は買いません。

安くていい物を選んで購入しています。

⑥交際費

家族交際費とは、家族で使う贅沢品(例えばキャンプ用品)プレゼント代やお小遣いなどが含まれます。

生活費を切り詰めてとなると豊かな心にはなりません。

使うべきところはしっかり使う項目
みかん
使い過ぎは注意ですけどねw

今回は、お姉ちゃん、私の弟、甥っ子にプレゼントをあげたのが出費となっています。

みかん
みんな喜んでくれたので満足です。

収入と資産形成

 

収入

正直恥ずかしいですが、リアルな収入を見ていただければ共感してもらえると思います。

①給与(手取り額)

主人は昨年仕事をシフトダウンした結果、手取り額が減りました。

でもその甲斐あって、私が仕事を始めることが出来ましたし、何よりみっくんの朝の登校をお願い出来ています。

また主人も各種手当の所得制限に引っかかる可能性があるから、いい機会だったと考えています。

身体も楽

②児童手当

障害の有無にかかわらず支給される手当なので、幅広く認知されている制度ですね。

  • 支給額
    • 0~3歳未満 月額15,000円
    • 3歳から小学校終了前 月額10,000円(第3子以降15,000円)
    • 中学生 月額10,000円
    • 子供が3人以上で増額がある。
  • 来年から高校生になるお姉ちゃんは児童手当の支給がなくなります。
    しかし、高校を卒業する年まで第一子として人数は計算されます。
  • お姉ちゃんの支給は停止しますが、第1子で計算されるため、毎月の支給額25,000円は3年間継続します。

③特別児童扶養手当

  • 1級 月額52,400円
  • 2級 月額34,900円
  • 所得制限あり
  • 支給方法 年に3回(4月、8月、11月)
  • 保護者の口座に入金される。
  • 支給目的
    • 障害児の福祉の増進を図ること。
    • 保護者の口座に入金されることから、用途は保護者が判断して良い。我が家は将来の資金の為に、ジュニアNISAの資金にしています。
みかん
詳細はこちらをご覧ください♪

④障害児福祉手当、市障害児福祉手当

  • ①障害児福祉手当 月額14,880円
  • ②市障害児福祉手当 月額3,000円
  • 所得制限あり
  • 支給方法
    • ①年に4回(2月5月8月11月)
    • ②年に2回(3月、9月)
  • 障害児の口座に入金される。
  • 支給目的
    • 障害児の福祉の向上を図ること。放課後デイサービスの費用にあてるなどが考えられます。
みかん
まだ記事にしていないので、今後作成します。

⑤特別支援教育就学奨励費

支援学級や支援学校に在籍する児童の学用品や学校給食費など学校にかかる費用の一部を支給する制度です。

  • 支給対象の品目と金額など細かく定められています。
  • 所得制限あり
  • 支給方法
    • 口座振り込み又は現金での支給(学校により異なります)
  • 年度の途中で支援学級に入級するなど、新たに支給対象となった場合は随時申請可能です。
みかん
まだ記事にしていないので、今後作成します。

⑥配当所得

個別銘柄等、投資に関する細かい解説はしません。

まだ勉強不足なので・・・

ただ制度に関する記事は、過去に投稿していますのでこちらをご覧ください。

みかん
NISA制度に関する記事は、今後作成します。

⑦ポイ活

クレジットカードを使ってポイ活っていう項目ではありません。

ハピタスというポイントサイトをご存じですか?

例えば、クレジットカードを作成した場合、公式サイトからではなくハピタスというサイトを経由してカードを作成すると、通常のポイント以外に上乗せでポイントがもらえます。

そしてそのポイントは現金に交換できます。

YouTubeでポイ活で検索すれば、やり方などが投稿されています。

みかん
気が向いたら、記事にしたいと思います。

⑨副業

みかん
副業は2つ!

行っている目的はそれぞれ異なっています。

目的は、少しでも誰かの為に役に立ちたい。
だから収益はまったく気にしません。
ブログを開設して3年目。毎年のサーバー代等を考えれば赤字です。
でも、やれるだけ続けていきたいと考えています。
目的は、しょうちゃんの教育です。
お金を稼ぐことは大変なこと。
そして稼いだお金で家族旅行に行くことを楽しみにしています。
昨年の利益は20,000円位。年間200,000円以内(雑所得)の利益を目標にしています。
メルカリ「#mikan88」

副業で有名なのが物販ですが、私の目的に合わないのでやる予定はありません。

その他YouTubeもありますが、ちょっと手が回らなくなりそうなので現在は保留中です。

資産形成

①貯金

正確には拠出型企業年金で、年間200,000円積み立てています。

現金の積み立てが目的ではなく、所得控除が目的で行っています。

今年中にこれまでの積み立てを一度解約して、新NISAの資金にあてる予定です。

②投資

大きい金額ですが、毎月クレカ積立で6口座にコツコツ行っています。

現在預金の割合が多いと考え、多めの追加投資を継続していました。

今年の6口座でコツコツ継続して積み立てて、特定口座分は今後新NISAの資金にあてる予定です。

③副業

ハンドメイドは、材料費がかかるため先行投資と考えこの項目があります。

みかん
大きな失敗をしないようにするために、定期的に購入する予定です。

2023年1月の収支結果及び総資産

資産形成において大切なのが、先取貯蓄です。

収入-支出=貯蓄×
収入-先取貯蓄=支出〇
主人は、お母さんから月50,000円ボーナス200,000円の年間1,000,000円の貯金はしなさいと新卒1年目から言われ続けていました。
もともと節約家だったかもしれません。
でも21歳で結婚した結果、そもそも贅沢出来るような収入はありませんでした。
夫婦で先取貯蓄を行いながら生活を継続出来たのが大きかったです。

2023年1月小括

収入-先取貯蓄=支出
みかん
完全に赤字じゃん汗

年間通して考えているから大丈夫
それと現金の比率を今は下げたいから、コツコツやっているよ

2年間家計簿を継続してきたからこそ、毎月の収支で一喜一憂しない。

定期的に入金のある各種手当やボーナスを含めて、毎月コツコツ行っているそうです。

みかん
家計簿は大切なんですね

預金・投資信託

預金もただ漠然と管理していると使ってしまいます。

だから項目ごとに管理しています。

 

②生活防衛資金

生活費の3カ月から6カ月分を貯蓄しておきます。

我が家は生活費月300,000円

何かあった時の為に、この貯蓄は残しておきます。

③ライフイベント準備金

車両

ワンボックスの年式が古くなってきたので、いつでも購入できるように準備してあります。

出来ればあと3回車検は通したいなぁ
みかん
結構先なのねw
教育資金

入学時が多くなるので、その分は確保しておきます。

  1. 高校の入学費用~公立で20万円、私立で50万円
  2. 中学の入学費用~公立で10万円

来年度の入学が終われば、次はお姉ちゃんの大学、みっくんの高校、しょうちゃんの中学汗

計画的に準備しなちゃね

④予備資金

投資に回すお金や、思いもよらない出費があった場合のためにあります。

本来投資は、一括投資が長期的に見ればいいんですが、評価額の上げ下げが気になって仕方がありません。

何事もコツコツ

自分のメンタルと上手に向き合うために、積み立てを継続することがいいと思います。

投資信託

  • NISA口座のアクティブファンド すべて2023年中に売却して、2024年の新NISAの資金にあてます。
  • 特定口座のインデックスファンド 随時売却して新NISAの資金にあてる予定です。
  • ジュニアNISAのインデックスファンド 教育費に必要が生じた際に売却予定です。
  • その他は、将来の夢に向かって、コツコツ積み立てていきます。

最後に

ブログを始めたことにより、夫婦の会話が多くなりました。

主人も若い頃は仕事ばかりで家事もやらなければ、子育ても非協力的でした。

子供の成長を思い出しながら記事を書くことにより、あの時はどうだったとか会話が弾みます。

また私自身が仕事を始めたことにより、主人も家事をやるようになりました。

仕事、副業、家事、子育てすべて完璧とは言えませんが、やれることを継続して頑張っていこうと思います。

 

私たち家族を応援していただける方は、下記のボタンを一日1回クリックしてもらえると私たち家族の励みになります。

 

今日も笑顔でがんばるぞぉ

>ダウンちゃんー気になる子の子育てブログについて

ダウンちゃんー気になる子の子育てブログについて

本ブログは、個性派揃いの子育て奮闘記です。健常児、ダウン、発達障害のそれぞれの成長、学校、進路のことなど子育ての中で悩んだこと、学んだこと、感じたことなどを中心に書いていきます。一人でも多くの人に読んでもらえるよう頑張ります。たくさんの質問、コメントをお待ちしています。