税額の決定方法!所得税と住民税を計算しよう!(おまけ、住宅ローン控除とふるさと納税)

こんにちは、みかん🍊です(・ω・)ノ

これまでに、源泉徴収票の見方について説明してきました。

そしていよいよ税額の決定方法について説明します。

 

これを理解できれば、納税の仕組みについてある程度理解できるよ

税額の決定方法

 

給与所得控除について(①)

自営業者の経費と同じで、労働者が自己負担で筆記用具やスーツや靴など、仕事上必要な物を購入するための費用には税金をかけないというもの。

  • 【給与所得控除の額】
    • 850万円超 … 195万円
    • 660万円超 … 収入×10%+110万円
    • 360万円超 … 収入×20%+44万円
    • 180万円超 … 収入×30%+8万円
    • 180万円以下… 収入×40%ー10万円(最低55万円)

所得控除について(②)

納税者の色々な個人的事情に合わせて税金を計算する時に控除できるもので、納税者の負担を減らす措置が取られている。

  • 【所得控除の例】
    • 基礎控除(48万円)
    • 配偶者控除(38万円)、配偶者特別控除(0万円~38万円)
    • 控除対象扶養親族
      • 一般の控除対象扶養親族(16歳以上19歳未満、23歳以上70歳未満、38万円)
      • 特定扶養親族(19歳以上23歳未満、63万円)
      • 老人扶養親族(70歳以上、48万円、同居の場合は58万円)
    • 障害者控除(27万円)、障害者特別控除(45万円、同居の場合75万円)
    • 社会保険料等の金額(個人型確定拠出年金(iDeCo)含む)
    • 生命保険料控除(最大12万円)
    • 住宅ローン控除
    • 医療費控除(年間の医療費の合計が10万円を超えた分)
    • 寄付金控除(ふるさと納税)etc

課税所得について

いよいよ所得税、住民税を計算します。

これまで説明してきたとおり、

  1. 給与収入(年収)から給与所得控除(労働者が自己負担で筆記用具、スーツや靴など、仕事上必要な物を購入するための費用)を差し引き「給与所得」
  2. その差し引いた給与所得から所得控除(配偶者控除や配偶者所得控除、生命保険料控除、医療費控除etc…)を差し引き「課税所得」
  3. 最終的に残った課税所得から所得税(5~45%)、住民税(10%)が決定する。

【所得税について】(③)

所得が多いほど税額が高くなる「累進課税制度」が採用されている。

  • 課税所得300万円の人は、課税所得額のすべてに10%が課税されている訳ではなく、195万円部分までは5%が課税され、195万円を超えて330万円部分までの105万円に10%課税される仕組みである。
    • 所得×税率-控除=所得税
      300万×10%-97,500円=202,500円
  • ※復興特別所得税 所得税の2.1%が加算されます。

【住民税について】(④)

全国のほとんどの地域で10%(市民税6%、県民税4%)であるが、一部の地域で税率を若干変えている。なお、政令指定都市は、市民税8%・県民税2%である。

所得税とおおむね一緒で、課税所得に税率を掛けた額が住民税となるが、所得税と違う点は、所得控除の範囲と均等割額(所得に関係なく収める額)による調整控除がある。

1月から12月までの収入から課税所得を算出し、そこから求めた住民税については、翌年の6月から1年間、12か月に分割して給料から徴収される。

  • 課税所得に対し納める住民税は、10%となります。
    • 300万円×10%=30万円(年額)

【住宅ローン控除がある場合】

住宅ローン控除が300,000円とした場合

所得税~300,000円(住宅ローン控除額)-202,500円(所得税額)=ー97,500円(所得税は0円)

住民税~300,000円(住民税額)-97,500円(住宅ローン控除の残り)=202,500円(住民税、年額)

【ふるさと納税がある場合】(ワンストップ特約、72,000円の寄付)

所得税~住宅ローン控除により所得税は0円

住民税~202,500円-(72,000円(寄付金)-2,000(事務手数料))=132,500円(住民税、年額)

  • ワンストップ特約を使用するには、確定申告をしない場合になります。
    医療費控除等の確定申告をする必要が出た場合は、ワンストップ特約で申請していても、必ずふるさと納税も一緒に確定申告をしてください。

我が家は、ワンストップ特約で申請済みでしたが、医療費控除の申告をする必要ができました(おむつ使用証明書を取得)

よって、確定申告の際に医療費控除とふるさと納税の両方を確定申告します。

最後に

源泉徴収の見方と税額の決定方法について説明してきました。

私も、夫に確認するまでは全く理解していませんでした(夫任せ)

でも、今回学んだことにより、少しだけ大人になった気がします笑(確定申告も夫に任せますが笑)

俺の苦手分野は料理…お金のことは任せて!

少しの勇気と行動で、上手に国の制度を利用しましょう!

 

今日も元気にがんばるぞぉ

>ダウンちゃんー気になる子の子育てブログについて

ダウンちゃんー気になる子の子育てブログについて

本ブログは、個性派揃いの子育て奮闘記です。健常児、ダウン、発達障害のそれぞれの成長、学校、進路のことなど子育ての中で悩んだこと、学んだこと、感じたことなどを中心に書いていきます。一人でも多くの人に読んでもらえるよう頑張ります。たくさんの質問、コメントをお待ちしています。