【成長の記録】特別支援学級1~3年生

こんにちは、みかん🍊です(・ω・)ノ

しょうちゃん🦖は発達障害があり、1年生から市立小学校の特別支援学級(知的クラス)に入っています。

今回は支援学級での授業をお伝えしたいと思います。

知的クラス

その子に合わせて、国語、算数の授業を進めてくれます。

しょうちゃん🦖の場合

国語

1年生

言葉の遅れがあるので、会話を中心に、絵カードやパズル、紙芝居などで授業📖

ひらがなワークを使い、書く練習✏️

2年生

言葉の使い方、文章の理解が出来るように、1年生の教科書を使い勉強📖

音読や漢字の練習も✏️

書くことが苦手で、すぐ疲れてしまうということで、漢字の練習は文章を先生がノートに書いてくれて、漢字だけを書き集中できるよう工夫してくれました。

3年生

文章問題をとけるよう練習

自分で解いてから先生が丁寧に教えてくれています。

漢字は書くことになれるようにと、今は自分ですべて書いています✏️

漢字のテストもやっていて、出来た時の達成感、出来なかった時の悔しさを感じ頑張れています✨

算数

1年生

数を理解するために、サイコロを使ってゲームをしながら数を勉強していました🎲

「多い数の人が勝ち!」「2回振って合計の多い人が勝ち!」など、家でもやりたい!といってやっていました🎵

そこから、足し算、引き算はあっという間に出来るようになりました。

2年生

時計の勉強が始まり、なかなか理解できず、授業の始まり、終わりの時の時間を毎回確認し、少しずつ覚えていきました🕛

かけ算は図を見て数の増え方が理解できるよう、時間をかけて教えてくれました。

3年生

掛け算の暗記がなかなか出来ず、「掛け算が出来るようになると、割り算が出来るようになるよ!頑張ろう‼」

先生と一緒に毎日頑張っていました。今では割り算を頑張っています✨

  • 国語と算数どちらも、その日のしょうちゃん🦖の様子を見て、授業を進めてくれているので、ここまで成長出来たのだと思っています。
  • 無理して普通級で勉強させていたら、きっと勉強に追い付かず、最悪学校に行きたくない!なんてことも考えられたかなと思います。

生活単元

クラスのみんなとゲームしたり、作品を作ったりして、コミュニケーションの取り方を学んでいます。

掃除の仕方やお箸の使い方、季節ごとの行事を学んだりもしています。

少人数のクラスなので、一人ひとりみんなの前で、授業の感想や作品の発表をしたりと、自分の意見をみんなに聞いてもらい、機会も作ってくれて、色々な経験が出来ています。

ブログで載せている写真は学校で撮影していただいたものです。

最後に

しょうちゃん🦖は支援級に入ったことで、成長できたと思っています。

でも一番気になることは、

支援級で勉強していることを、通級学級の子供達はどう思い、最悪の場合いじめられていないのか…。

入学してすぐに先生から同じクラスの子供たちに

しょうちゃん🦖お話をすることが苦手。他にも苦手なことがあるので、国語と算数は違うクラスで勉強します。」

と説明してもらい、しょうちゃん🦖が暴れたり、授業に参加できなかった時は、クラスのみんなに、その都度説明をしてくれていました。

クラスは毎年変わりますが、子供たちみんな、支援級の子供たちに対しての理解があります。

先生たちがしっかり説明してくれているおかげだと思います。

もしかしたら大人より今の子供の方が理解があるかもしれません。

もちろんまだ3年生というのもあるかと思います。

これからも楽しく学校へ通えるよう、先生と話し合い、しょうちゃん🦖の成長をしっかりみていきたいと思います。

 

明日も元気にがんばるぞぉ😊

>ダウンちゃんー気になる子の子育てブログについて

ダウンちゃんー気になる子の子育てブログについて

本ブログは、個性派揃いの子育て奮闘記です。健常児、ダウン、発達障害のそれぞれの成長、学校、進路のことなど子育ての中で悩んだこと、学んだこと、感じたことなどを中心に書いていきます。一人でも多くの人に読んでもらえるよう頑張ります。たくさんの質問、コメントをお待ちしています。